>  > 15インチミラジーノL650系WEDS ライツレー ゼファイスX マシニングブラック 4.5Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15
ニッサン セフィーロ/セフィーロワゴン 90.3~94.8 RA31/RCA31 ACRE(アクレ) ブレーキパッド ダストレスリアル 218 フロント 左右セット ブレーキ アクレ パッド

15インチミラジーノL650系WEDS ライツレー ゼファイスX マシニングブラック 4.5Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15

映画と音楽について

15インチミラジーノL650系WEDS Fedar ライツレー ゼファイスX マシニングブラック 4.5Jx15ヨコハマ エコス ES31 OUTRUN 165/55R15

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

「道」 1954年 イタリア(La Strada)

 この映画が作られた時は、フランスでは1950年~60年にかけてヌーベルバーグ(新しい波)が押し寄せていたときであり、イタリアではイタリアン リアリズムから人世派的ヒューマニズムへ移行したときで、
この時代の最初の名作と言われている。 
 この映画を監督したフェデリコ・フェリーニはイタリアン・リアリズム時代のいくつかの傑作にも、脚本や助監督として参加、50年映画監督になった。
全編通して実に暗い。白痴まではいかないけれど、頭の弱い女のみじめさ、無知な男の獣のような粗暴さ・・・。この女の頭の弱さ故だと思われる無欲、無垢、純粋な姿に、何時しかひきこまれていく。
 人間的な触れ合いもなく全く救いのないストーリーだけれど、やっとラストで、捨てた女がみじめに死んでいったと聞かされ 15インチルクラ カスタムL4#5系WEDS ライツレー ゼファイスX マシニングブラック 4.5Jx15エナセーブ RV504 165/55R15、酒に酔い、暗い岸辺で女のために涙を流し泣き伏すことで、観客はやっと救われる。男を演じるアンソにー・クインもいいけれど、女を演じるジュリエッタ・マシーナの演技はピカイチだと思う。いい役に恵まれて羨ましい。監督が夫だから妻の良いところ、可愛らしさも充分に引き出せたのだと思う。

ストーリー
イタリアの海岸に近いあばら家に知的障害で頭の弱いージェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)は母と五人の妹と住んでいた。ある日、旅回りの大道芸人ザンパノ(アンソニー・クイン)が三輪車でやって来る。ジェルソミーナを一万リラで買って助手にする。覚えが悪く何とか仕込み、旅から旅への日々が続く。芸と言っても鉄の鎖を胸に巻き付け、それを力を入れて引きちぎる。ジェルソミーナは太鼓をたたいたり、鳥になって撃たれる真似をしたり。
 粗暴で疑い深く、狡猾な彼は荒々しく彼女を妻にしてしまう。が余分なお金が入れば、飲んだくれ、娼婦のところへ。ジェルソミーナは逃亡を試みるが連れ戻されてしまう。
 冬が来て 【エスペリア Espelir】ロードスター/RF 等にお勧め スーパーダウンサス / リア用左右セット 型式等:NDERC 品番:ESM-3024R、二人は小さな曲馬団に身を寄せた。「キ印」(リチャード・ベースハート)と呼ばれる、一座の若者の弾くヴァィオリンにジェルソミーナは心ひかれてしまう。この若者はなぜかザンパノを見るとからかいたくなると言う。ザンパノは面白くない。ナイフを振り回し若者を追いかけ、沙汰になり、二人とも連れていかれる。若者はその日のうちに帰される。がザンパノは泊まりとなる。
 ジェルソミーナは一座の団長にも、一緒にこないかと誘われもするが、「キ印」と呼ばれる男から「どんなつまらない石ころにも世の中では意味があるものだ」と諭され、ザンパノの出所を待つ。「キ印」なる男もザンパノと事件を起こしたことで一座から追放され、一人車で去っていく。この男はジェルソミーナに対して、憐れみをもってとても優しい。
 出所して二人はまた旅に出る。宿を借りた修道院で ■マックガード ロック4個セット■MPV/マツダ/M12X1.5/21mm/メッキ■ホイール盗難を防ぐ切り札/プレミアムロックナット McGard 正規取扱店、銀の十字架を盗もうとするのを知りジェルソミーナは猛反対するが聞くようなザンパノではない。
 修道院を出てから偶然にも「キ印」と呼ばれる男にまた出会う、男は車の修理をしていたが、また、ザンパノはからかわれ何回か殴ったら男は死んだ。誰も見ていなかったので、車を川に落とし、事故に見せかけその場を去る。それからジェルソミーナは男を殺したショックで泣いてばかり、使い物にならなくなった。太鼓を打つでもなく 、さすがにザンパノも困り果て、ある日、外の陽だまりで眠っているすきに着る物や、お金をそっと身体の下に。吹けるようになったラッパ(トロンボーンかトランペットか?)も傍に置いて、起きないように、三輪車のバイクでエンジンをかけず、押して去って行った。

 五年の月日が流れ、ザンパノは相変わらずの旅回り。或る港町で彼はかってジェルソミーナが口ずさんでいた哀しいメロディを聴き、足をとめ ピーエムシー PMC S_362 350 ZEP750 黒/白 119-7110613 JP店、聞いてみると YSS RACING リアショック MG506 GPZ900R A12-/ZX10R 11-14 《ワイエスエスレーシング 117-5410303》、何年か前にこの村に来て死んだ女乞食が、子供たちに教えていた唄だと、何時もラッパを吹いていたとも言った。まさしくジェルソミーナだった。
 ザンパノは店からつまみ出されるまで、酒をあおり海辺に行き、うずくまり、彼の眼に涙が、彼が見せる初めての涙であり、捨て去った哀れなジェルソミーナへの涙であった。ジェルソミーナの姿が脳裏をかすめる。涙が溢れ泣き伏すザンパノ。


                                     Fine
 スタッフ&キャスト
脚本 トゥリオ・ピネッリ    出演 アンソニー・クイン
   エンニオ・フライヤーノ     ジュリエッタ・マシーナ
   フェデリコ・フェリーニ     リチャード・ベースハート
監督 フェデリコ・フェリーニ  撮影 オテロ・マルテリ
音楽 ニーノ・ロータ      主題曲 ジェルソミーナ                         
         
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-44074