>  > オクヤマ プリメーラ HP11 CARBING ロワアームバー フロント用 タイプ l

オクヤマ プリメーラ HP11 CARBING ロワアームバー フロント用 タイプ l

NEOPLOT/ネオプロト マスターシリンダーストッパー ネオ ピンク エクシーガ YA4/YA5/YA9 NP11610P

ロワアームバー タイプ フロント用 HP11 オクヤマ タイプ l CARBING ロワアームバー プリメーラ

競技一覧

ISU国別対抗戦2019年4月11日~4月13日

速報・結果

オクヤマ プリメーラ HP11 CARBING ロワアームバー ハイグレードクラスカーバッテリー フロント用 タイプ [フロント用] l

国別対抗戦 3日目

日本連覇ならず2位 アスコット プラグコード【ウルトラ】パワープラグコード アスコット イノーバ CB3/CB4 シリコン 品番:2447-** [Weathertech 正規品] GMC ユーコン 2015年式以降現行 3列目以降 カーゴライナー/ラゲッジマット ブラック PITWORK ピットワーク ウォーターポンプ 三菱 【 ミニカ /排気量 550 / H21V / 3G81 /エンジン区分 GAS /採年 1988/11 /廃年 1995/10 /オプション・特記 】 ウォーターポンプ 交換 部品 メンテナンス 車 パーツ、

オクヤマ プリメーラ HP11 CARBING ロワアームバー フロント用 タイプ l

プリメーラ HP11 CARBING ロワアームバー フロント用 タイプ l

メーカー:オクヤマ OKUYAMA



メーカーオクヤマ
メーカーコード680 104 1
備考【CARBING ロワアームバーの特徴】
■CARBING ロワアームバーはねじれ剛性に優れた、スチールSTKM13A製オーバルシャフト(パイプ口径20×40Φ)を採用。
■ブラケット部をパイプ形状にすることで(一部車種除く)ボディとの取付け強度を高めます。
■左右のアームを結ぶシャフトはブラケットと溶接し一体形成にすることでさらに軽量化と強度を高めます。
■インチアップ車やハイグリップ装着車 なかでも車両重量が重たいもの程、絶大な効果をもたらします。

■タイプ l (スタンダードな2点支持、ジョイントレスの一体型)
■フロント用
■材質:スチール製

【注意事項】
※M/T車装着不可、4WD装着不可
※前期:20G-V不可
※後期:CVT装着車不可

【適合車種】
  プリメーラ

【型式】
  HP11
車種P11 プリメーラ
AS商品コードoku21528230004
発注・納期について・発注の仕組み
 当店では、商品名中に【即納】【在庫処分品】表記のない商品は、注文後メーカーへ発注します。
 従いまして、商品によっては納期が長くなる場合がございます。

・納期について
【即納】【在庫処分品】: 概ね1週間以内
 それ以外のもの: 2週間以上

 ※発注後はキャンセルができません。
 ※注文を頂いた後、納期のご連絡をしております。
 ※納期確認後に注文を確定するかキャンセルするかを決定したい場合には、
  注文時に「納期連絡の際に希望されるご対応」から希望のものをお選びください。


キーワードプリメーラ p11 primera hp11 日産 NISSAN 日産プリメーラ NISSANプリメーラ 日産P11 プリメーラ 日産P11プリメーラ NISSANP11 プリメーラ NISSANP11プリメーラ 日産PRIMERA NISSANPRIMERA、オクヤマ OKUYAMA 奥山製作所 CARBING、lower arm bar/ロアアームバー、エアロパーツ チューニングパーツ アフターパーツ AERO


、優勝はアメリカ
女子FS 第2グループ

12紀平 梨花(日本)

(写真:Getty Images)

曲は『A Beautiful Storm』
得点:138.37(技術点70.67|演技構成点69.70|減点-2.00)
順位:2位

■団体FS・最終順位
1位:アメリカ
2位:日本
3位:ロシア
4位:フランス
5位:カナダ
6位:イタリア

11エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア)

(写真:Getty Images)

曲は『You Don't Love Me』『Petite Fleur』『Cat Groove』
得点:153.89(技術点82.15|演技構成点71.74)自己ベスト更新
暫定順位:2位(1位:アメリカ|3位:日本)

10坂本 花織(日本)

(写真:Getty Images)

曲は『映画「ピアノ・レッスン」より』
得点:146.70(技術点74.80|演技構成点71.90)自己ベスト更新
暫定順位:2位(1位:アメリカ|3位:ロシア)

9ブレイディ・テネル(アメリカ)

曲は『ロミオとジュリエット』
得点:150.83(技術点79.64|演技構成点71.19)自己ベスト更新
暫定順位:1位(2位:ロシア|3位:日本)

8マライア・ベル (アメリカ)

曲は『The Piano』『Experience』
得点:135.17(技術点68.80|演技構成点67.37|減点-1.00)
暫定順位:1位(2位:ロシア|3位:日本)

7ソフィア・サモドゥロワ (ロシア)

曲は『映画「バーレスク」より』
得点:138.84(技術点73.86|演技構成点64.98)
暫定順位:2位(1位:アメリカ|3位:日本)

女子FS 第1グループ

6ガブリエル・デールマン (カナダ)

曲は『オペラ「サムソンとデリラ」より』
得点:107.48(技術点49.47|演技構成点60.01|減点-2.00)
暫定順位:5位(1位:アメリカ|2位:日本|3位:ロシア)

第2グループ滑走を前に6分間練習中

5ロリーヌ・ルカヴァリエ (フランス)

曲は『I'll Take Care Of You』
得点:107.71(技術点52.30|演技構成点56.41|減点-1.00)
暫定順位:4位(1位:アメリカ|2位:日本|3位:ロシア)

4マリーナ・ピレッダ (イタリア)

曲は『映画「Pina」より』
得点:120.22(技術点64.85|演技構成点55.37)自己ベスト更新
暫定順位:6位(1位:アメリカ|2位:日本|3位:ロシア)

3マエ・ベレニス・メイテ (フランス)

曲は『映画「ミッション インポッシブル2」より』
得点:114.22(技術点59.72|演技構成点55.50|減点-1.00)
暫定順位:5位(1位:アメリカ|2位:日本|3位:ロシア)

2アレーヌ・シャルトラン (カナダ)

曲は『Sunset Boulevard』
得点:94.91(技術点43.99|演技構成点52.92|減点-2.00)
暫定順位:4位(1位:アメリカ|2位:日本|3位:ロシア)

1ロベルタ・ロデギエーロ (イタリア)

曲は『映画「フリーダ」より』『Poeta en el Mar 』
得点:106.64(技術点54.99|演技構成点51.65)自己ベスト更新
暫定順位:6位(1位:アメリカ|2位:日本|3位:ロシア)

ペアFS 第2グループ

6N・ザビアコ/A・エンベルト組 (ロシア)

(写真:Getty Images)

曲は『Toi et Moi』
得点:141.32(技術点70.70|演技構成点70.62)
順位:3位

■団体FS・ペア終了時順位
1位:アメリカ
2位:日本
3位:ロシア
4位:カナダ
5位:フランス
6位:イタリア

女子FSは16:50ごろ開始予定

5V・ジェームス/M・シプレ組 (フランス)

(写真:Getty Images)

曲は『Wicked Game』曲は『The Last Feeling』
得点:152.52(技術点76.39|演技構成点76.13)自己ベスト更新
暫定順位:5位(1位:アメリカ|2位:日本|3位:ロシア)

4N・D・モニカ/M・グアリーゼ組 (イタリア)

曲は『Tristan and Isolde』
得点:130.85(技術点64.64|演技構成点66.21|)
暫定順位:5位(1位:アメリカ|2位:日本|3位:ロシア)

ペアFS 第1グループ

3K・ムーア タワーズ/M・マリナロ組 (カナダ)

曲は『ピンク・フロイドメドレー』
得点:131.84(技術点65.50|演技構成点67.34|減点-1.00)
暫定順位:4位(1位:アメリカ|2位:日本|3位:ロシア)

第2グループ滑走を前に6分間練習中

2A・ケイン/T・ルデュク組 (アメリカ)

曲は『映画「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」より』
得点:125.24(技術点61.50|演技構成点64.74|減点-1.00)
暫定順位:1位(2位:日本|3位:ロシア)

1三浦/市橋組 (日本)

(写真:Getty Images)

曲は『ワルソー・コンチェルト』
得点:92.98(技術点45.75|演技構成点48.23|減点-1.00)自己ベスト更新
暫定順位:2位(1位:アメリカ|3位:ロシア)

滑走順

■ペアFS滑走順

<第1グループ>
1:三浦/市橋組(日本)
2:A・ケイン/T・ルデュク組(アメリカ)
3:K・ムーア タワーズ/M・マリナロ組(カナダ)

<第2グループ>
4:N・D・モニカ/M・グアリーゼ組(イタリア)
5:V・ジェームス/M・シプレ組(フランス)
6:N・ザビアコ/A・エンベルト組(ロシア)

■女子FS登録選手

<第1グループ>
1:ロベルタ・ロデギエーロ(イタリア)
2:アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
3:マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
4:マリーナ・ピレッダ(イタリア)
5:ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
6:ガブリエル・デールマン(カナダ)

<第2グループ>
7:ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
8:マライア・ベル(アメリカ)
9:ブレイディ・テネル(アメリカ)
10:坂本 花織(日本)  
11:エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
12:紀平 梨花(日本)

トピックス

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-32028